ようこそ千田清掃・千田環境社ホームページへ

s7.jpg

HOME > バイオディーゼル事業

おおさきバイオディーゼル燃料地域協議会

 大崎市バイオマスタウン構想の策定に伴い、大崎市、環境事業者、有識者、地域NPOの方々が廃食油のリサイクルを通した環境保全、温暖化防止活動という共通の目的の為に集結した組織、これがおおさきバイオディーゼル燃料地域協議会です。
 当協議会は大崎市内を中心に市民や飲食店から排出される使用済み食用油を回収してバイオディーゼル燃料の製造・使用を通じて地球温暖化防止活動を広めています。また、耕作放棄地対策として休耕田に菜の花を栽培しています。この菜種から絞った油は給食や市内の飲食店で使用され、その後バイオディーゼル燃料にリサイクルされています。ぜひ、協議会の活動をご理解頂き、廃食油の提供やバイオディーゼル燃料の使用にご協力下さい。

BDFとは

 BDFとは、バイオディ-ゼルフュ-エルの略です。
 バイオディ-ゼルは、化石燃料から作られる軽油の代替燃料として植物由来のディ-ゼル燃料を言います。いずれ枯渇してしまう化石燃料に対して、地球の自然の中で繰り返し再生可能なエネルギーです(カーボンニュートラルともいいます)。また、この様な特徴を持ち合わせているため、地球温暖化防止協定上では、CO2はゼロカウントとされています。
003.gif

バイオディーゼル燃料の製造法・製造工程

 バイオディーゼル燃料の製造は例えば次のように行います。まず回収されて夾雑物を除いた廃食油原料を加熱しながらKOHなどのアルカリ金属触媒の存在下でメタノールを反応させて、脂肪酸メチルエステルとグリセリンとに分解させます。残留メタノールの除去後、次に木質チップとイオン交換樹脂で不要なグリセリン、KOH等を取り除き、純度の良い脂肪酸メチルエステルにする事で得られます。
004.gif
006.jpg

バイオディーゼル燃料製造施設「竣工式・工場見学会・式典」

バイオマス分析室

バイオマス分析室01

バイオマス分析室02

バイオマス分析室03

バイオマス分析室04

007.gif

008.gif